Loading...

光華幼稚園 光華幼稚園

在園児の方専用

トップページ > オリンピック銀メダリストで日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏による講演会「継続は力なり」を開催しました

オリンピック銀メダリストで日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏による講演会「継続は力なり」を開催しました

2019.01.31

1月29日(火)、光華女子学園 奨学会(保護者会)が、フェンシングで、北京オリンピック・ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得され、東京2020年オリンピック・パラリンピック招致委員会の招致アンバサダーを務められている太田雄貴氏をお招きし、講演会「継続は力なり」を開催しました。
本講演会は、教育振興事業として児童・生徒・学生たちの将来への夢や希望を育むことを目的に開催し、本学園児童・生徒・学生約470名、本学園の保護者約60名が参加しました。
 
講演会では太田氏から、これまでの自身の競技人生での経験、東京2020年オリンピック・パラリンピック招致委員会の招致アンバサダーを務められた際の出来事や日本フェンシング協会会長として進める改革についてお話いただき、「目的までの道筋を具体的にして取り組むことが大切。どんなことでも目の前のことに一生懸命取り組み、人生で一度くらい、泣けるくらいの努力をしてほしい。」と、生徒たちに向けて呼びかけました。

講演内容は大変興味深く、多くの生徒から質問があがりました。勉強、部活、課外活動など、さまざまなことに取り組んでいる生徒たちは、明日からの自分自身の生活や学校での過ごし方について深く考える機会となりました。

第9回ワイワイキッズを開催いたしました

2019.01.26

雪がちらつく寒い中でしたが、

親子揃ってワイワイキッズに参加していただきました。

 

来週2/3は節分です!!

節分に向けて鬼のお面作りをしました。

クレヨンでぐるぐると髪の毛を描いたり、

シールをペタペタ♪

お面を被ってハイ・ポーズ☆

可愛い鬼さんが出来上がりましたね♡

お外はとっても寒かったので、

暖かい保育室でお遊びタイム♪

小さなお友達も輪投げやお人形を持って

たくさん遊びました。

先生たちのパネルシアターでは

お歌に乗っていろいろな動物が登場したり、

ふんわり雲が出てきました。

 

ふわふわの雲が魚や車、

そして大好きなアンパンマンに変身して

子どもたちも大喜び!!

「次は何が出てくるかな?」と問いかけると

「ねこー!!」と元気いっぱい答えてくれました。

 

次回は、今年度のワイワイキッズ最終日!!

3月22日(金)

先生による人形劇と運動遊びです。

たくさんのご参加お待ちしています。

 

 

 

お母さんと一緒に遊ぼう~保育参加デー~(年少児)

2019.01.19

外は少~し寒いけれど、、、

あたたかいホールでお母さんたちと一緒に

ゲーム遊びを楽しみました。

まずは、みんなで十二支を確認!
「ねー・うし・とら…」と十二支を完璧に覚えたよ。お母さんの前で上手に「十二支の歌」も歌えました。拍手をもらった子どもたちはとっても嬉しそう♪

 

十二支の中から「ねずみ・うさぎ・いぬ」そして十二支に入れなかった「ねこ」さんも仲間に入れてあげて、くじ引きをしました。そして、くじで当たった動物の絵をお母さんたちと一緒に描きましたよ。
「一緒だねー!!」とお友だちと喜び合う姿も…。

 

「できたよー」と見せてくれました。これはねずみさんです!

 

いよいよ!!動物バスケットの始まり!
自分の動物が呼ばれ、必死に座るところを探す子どもたち…

 

大好きなお母さんと一緒に座るところを探して、動物バスケットを楽しみました♪

 

中には、ダンスをするという項目もあり、親子で可愛くおサルのポーズ☆

他にも玉入れをしたり、

お母さんと一緒に手遊びをしたりして、

楽しいひとときを過ごしました。

 

年少児も、普段から少しずつルールのある遊びを取り入れ、

友達と共に楽しめるようになってきました。

また、2クラス合同で保育参加デーを行い、

お母さんと一緒に、ちがうクラスの友達との交流も出来ました。

今後も4クラスでの活動を楽しみながら、進級に向けて

さらに友達との関わりが出来るようにしていきたいと思います。

お茶会をしました(年長児)

2019.01.18

1月10日、大学構内にあるお茶室で年長児が

お茶会をしました。

入り口で履物の脱ぎ方、片付け方を教えてもらいました。

普段は賑やかな年長の子どもですが、普段とは違う雰囲気で

緊張した表情が伺えました。

正座やお辞儀の仕方を教えてもらいました。

 

器に入っているお菓子をお箸で懐紙にとり、隣のお友達に回します。

教えてもらった作法でおまんじゅうを半分に割り、

「ちょうだいいたします。」と挨拶してからいただきました。

緊張していましたが、甘くておいしいお菓子に笑顔が…。

先生の作法を真似ながら、お茶碗に手を添えて抹茶を

いただく姿がとても凛々しく感じます。

普段の生活ではできない貴重な体験をすることができました。

 

 

イヤイヤ期の過ごし方~イヤイヤは「自我の芽生え」

2019.01.16

お出かけ前のひかりちゃん(2歳)にお母さんが靴下を履かせようとすると突然「イヤ!」「ジブンデ!」が始まりました。上手く履けないので怒って泣き出します。2歳前後から始まる「イヤイヤ期」の直前、1歳半頃にはお気に入りの玩具を他児が触るのを嫌がります。「自分」という意識が生まれて「自分の領域」を守りたいのです。大人の言うなりになるのではなく、自分を守るためのダダコネは「自我の芽生え」でもあります。「自分」という意識は、将来たったひとりで世界と向かいあって自立していく人間としての存在の根っこです。「恐るべし2歳児」です。
 
イヤイヤ期に成功や失敗など様々な体験が積み重なっていくと、子どもの振る舞いが変わってきて、自分の気持ちに折り合いをつけるようにもなります。親が子どもの「ジブンデ」という気持を十分に汲んでいくと、そのうち「イヤ」の中に「イイヨ」と相手を受け入れることも増えるのです。生まれたばかりの意思する存在、人生には自分で考え判断し決断することが多々ありますが「その行く手に幸多かれ」と心から応援したいものです。
 

京都光華女子大学 健康科学部 心理学科

(カウンセリングセンター親子教室担当)

徳田 仁子

第9回KOKAエコアワード表彰式を行いました

2019.01.09

平成30年12月12日、本学園にて第9回KOKAエコアワード表彰式が行われました。
KOKAエコアワードは本学園創立70周年を記念して、平成22年度より実施してきた学園行事です。
①エコアイデア部門、②作文部門、③標語・短歌(和歌)部門、④ポスター部門、⑤作品部門から構成され、本学園の幼稚園児から大学生、および教職員から募集したエコ作品、エコアイデアの中から、優れた内容を表彰します。
今回も各校園から1448点の作品がエントリーされ、部門ごとに表彰しました。
これからも光華女子学園は、学齢に合わせた環境教育と環境活動で、地球環境に貢献していきます。
 
受賞作品一覧
<生徒・学生等の受賞作品>
 
①エコアイデア部門
銅賞 節電エコアンケート
小学校 6年 山田 豊/荒尾 周佑/吉田 辰哉/林 空巧/内田 佑/千草 薫/杉本 崇詞
 
銅賞 食べ残しゼロ
大学 キャリア形成学科3年 江見 夏季/勝尾 光/田中 美緒
 
入選 アンブレンド
大学 キャリア形成学科3年 山梶 莉奈
 
入選 ペットボトルをおもちゃに!!
大学 キャリア形成学科3年 山嵜 有佳里
 
②作文部門
金賞 田舎で暮らしてみてはどうでしょう
大学 看護学科2年 木下 怜香
 
銀賞 運動を再生可能エネルギーに
高校 1年 北尾 優衣
 
銅賞 ゴミを分別する理由
大学 健康栄養学科1年 新谷 未知
 
入選 ごみを減らすために
大学 看護学科2年 木村 優花
 
入選 物を直す
小学校 6年 内田 明志
 
入選 減らそうたくさんのごみ
小学校 6年 芳岡 里奈
 
入選 電気飛行機と環境
高校 1年 藤居 梨々花
 
入選 大切な命と水
高校 1年 加藤 妃花梨
 
③標語・短歌(和歌)部門
金賞 異常気象 それ天災か いや人災
短大 ライフデザイン学科2年 長岡 綾音
 
銀賞 あたり前 その生活に 慣れすぎて 電気の力 思い知る今日
短大 ライフデザイン学科2年 濱口 葉純
 
銅賞 増えないで 絶滅危惧種と 母の体重 どちらも共に 未来が心配
大学 キャリア形成学科1年 岸本 果音
 
銅賞 わたしなら ごみと一緒に 捨てません かけがえのない わたしの未来
高校 2年 柴山 遙香
 
入選 もったいない。 その言葉が エコ光華(効果)
大学 医療福祉学科1年 大槻 奏乃
 
入選 自然がね あなたのゴミに 泣いている。
小学校 4年 斉藤 萌花
 
入選 資源ゴミ 次会うときは どんな顔 生まれ変わった 君とも会いたい
高校 1年 飯田 実優
 
④ポスター部門
金賞 生き物を守ろう! 中学校 1年 野村 友杏

 

銀賞 しぜんを大切に! 小学校 2年 庭田 明奈

 

銅賞 好き嫌いなく残さず食べよう 幼稚園 年長 平田 芽生

 

入選 私たちの手で、輝く未来へ! 中学校 1年 加藤 南花

 

入選 山をきれいに 小学校 2年 矢野 敦也

 

入選 さくらの木とわたし 小学校 1年 生田 香穏

 

入選 しょくぶつがひろがるたまご 小学校 1年 大隅 丈児

 

入選 ゴミのリサイクル 幼稚園 年長 可兒 澄玲

 

⑤作品部門
金賞 お花に水をあげるロボット 幼稚園 年中 藤井 美愉

 

銀賞 りゅうぐうじょうへようこそ 幼稚園 年長 桶谷 心春

 

銅賞 らむねのびんをおもちゃにしたよ 幼稚園 年中

 

入選 風鈴 幼稚園 年長 倉橋 学

 

入選 かんらんしゃ~なつやすみいっぱいあそんでたのしかったよ 幼稚園 年長 吉松 凛咲

 

入選 私の宝物 幼稚園 年長 中山 友梨香

 

入選 ゴミをリサイクルしてきれいな地球に 幼稚園 年長 竹内 海翔

 

入選 みんななかよしコーヒーカップ 幼稚園 年長 後藤 彩花

 

入選 大好きな電車をいらなくなった物で… 幼稚園 年長 加藤 龍樹

 

入選 きれいな海で泳ぐ魚さん風鈴 幼稚園 年中 小谷 悠真

 

<教職員の受賞作品>
 
①エコアイデア部門
銅賞 動物愛護に配慮した節電の取り組み
大学 健康栄養学科 岩中 伸壮/中木 直子
 
銅賞 事務用リユース
人事部 野中 真紀
 
入選 生ごみ減量循環プロジェクト
学務企画部 藤原 加織
 
入選 コピー用紙使用枚数の削減の実施
企画広報部 滝本 裕次
 
②標語・短歌(和歌)部門
金賞 フードロス 捨てているのは 命です
就職支援センター 吉川 恭子
 
銀賞 夏夜 迎炎夜 不眠月落天 唯蚊飛屋中 慰我伴閨棲
中学校/高等学校 加藤 森平
 
銅賞 エコロジー 実はとっても エコノミー 古着リメイク オシャレに変身
女性キャリア開発研究センター 関 めぐみ
 
入選 思いやり 人も地球も 気遣って エコな心で 光華的に
就職支援センター 辰巳 和可沙
 
入選 旬野菜 残さず使う 祖母の技
学園運営部 安本 幸男
 
入選 クールビズ 涼しい服装で 節電光華
女性キャリア開発研究センター 藤谷 ゆう