光華幼稚園 光華幼稚園

在園児の方専用

トップページ > 学園太子忌を行いました

学園太子忌を行いました

2013.02.26

2月22日(金)、本学園光風館講堂で学園太子忌を行いました。太子忌は、各校園代表(学生・生徒・児童・園児代表)と教職員を対象に、聖徳太子のご命日に、太子のご遺徳を偲ぶとともに、太子が日本にお広めになった仏さまの教えを聞思する法会です。献灯、献花、そして勤行が行われる中、各校園の代表者が献香いたしました。

続いて、大谷大学講師で本学の非常勤講師でもある山田恵文氏の法話をお聞きしました。法話では、太子が制定したとされる『十七条憲法』の第一条「和を以て尊しと為す(わをもってとうとしとなす)」について、解説していただきました。何を行うにしてもまず、人々が仲良く調和していくことが大切であるという教えですが、「仲間意識は同時に仲間外れを生む。仲間を作ることによって、仲間以外を排除してしまう可能性がある。人間は一人では生きていけないのだから、あらゆる人々と仲良くし、まわりに一人ぼっちの人がいないか、困っている人がいないだろうか、といつも気にかけてほしい」と説かれました。

涅槃会を行いました

2013.02.19

2月15日(金)、本学園 慈光館太子堂にて、釈尊(お釈迦様)入滅の日(=ご命日:2月15日)に、釈尊への報恩の意を表し、み教えを改めて聞思する機会として、在校生を代表して本年度は中学1年生と教職員を対象に涅槃会を行いました。

司会より、本尊の脇に掲げられた大涅槃図を観ながら、お釈迦さまが、出家をされ、お悟りを開かれたことや、沙羅双樹のもとで亡くなられた様子についての説明がありました。
音楽法要、勤行に引き続き、松蔭 裕学園宗教部員による法話が行われました。

法話では、お釈迦さまの生涯や煩悩とは何かについて説かれました。また、相田みつをの詩『自分の番 いのちのバトン』を引用し、「自分たちより三十代前では10億を超すご先祖さまがおられる。生まれてきたことは宝くじより低い確率の偶然であって、命には限りがある。明日が必ず来ると思ってしまいがちだが、当然のように思って過ごしてはならない。今日のこの法話で毎日のことについて考える機会にしていただきたい」と結びました。

ワイワイキッズ 12月21日(金)

2013.02.08

暖かいホールの中では、幼稚園絵本クラブのお母さんに「ももたろう」の大型紙芝居を演じていただきました。
小さいお友だちは、親子で熱心にお話の世界を楽しんでおられました。

次回のワイワイキッズは、3月21日(木)です。
パネルシアターと製作遊びを予定しています。
皆さまのお越しをお待ちしております。

年長児 お茶会

2013.02.08

聞光館の和室で、お茶会が行われました。

地域のお茶の先生にお点前を見せていただき、おいしいお菓子とお茶をいただいた後は、床の間の掛け軸やお花を拝見しました。

素敵な人形劇を満喫しました!!

2013.02.08

~人形劇団京芸による大型人形劇
『ウォートンとカラスのコンテスト』上演~
1月30日(水)光風館講堂にて

“一番大切なものを 取り返しに行くんだ!!”
絵本『ウォートンとカラスのコンテスト』(評論社)のお話。

上演時間70分の大作で、少し長編のお話でしたが、場面変化で人形が小さくなったり、舞台設定が広くなったり、狭くなったり・・・時には映像で雰囲気を出したり・・・。

年長児は、さすがに興味津々、舞台にくぎ付け!!お話の世界にしっかりと入り込んでいました。
年中児は、怖い場面では横の友達と手をつないだり、ささやきあったり、自分たちで楽しみ方を工夫する姿がありました。
年少児は、怖い場面で後ろを向いてしまったり、顔を伏せたり、先生たちに助けを求める姿もあり、可愛かったです。

お父さん・お母さん、素敵な人形劇をありがとうございました。

おには~そと!! ふくは~うち!!

2013.02.08

2月2日(土)幼稚園行事恒例の『節分の豆まき』をしました。
発表会前の風の感染予防や園庭のコンディションを考慮し、今年は各お部屋で、豆まきを行いました。

年少児・年中児のお部屋では、積み木や机を陣地に見立て、準備OK。自分たちが作った鬼のつのやお面をかぶり、半分泣きそうな顔で、オニを待ち構えていました。
『わお~!!』と金棒を持った鬼が部屋に入ってくると、泣きながらも一生懸命に「おには~そと!!」と豆を投げつけ、鬼を追い払いました。

年長児は、自分たちで作った三方を片手に、真剣に赤鬼・青鬼と勝負!!
恐い気持ちと年長児として頑張りたい気持ちを持って、精一杯声を張り上げ、豆をまきました。
豆まきの後は、美味しい磯豆をいただき、一年の健康と成長を願いました。