光華幼稚園 光華幼稚園

在園児の方専用

トップページ > 子育て支援 2歳児親子保育『おひさまくらぶ』を開催

カテゴリー:お知らせ

子育て支援 2歳児親子保育『おひさまくらぶ』を開催

2012.04.28

4月25日26日27日の3日間、第1回4月の『おひさまくらぶ』を開催しました。
まず、園庭で砂場あそびや大型遊具で遊んだ後、ホールで室内遊具を使い、一本橋を渡ったり、低い巧技台からジャンプしたり、マットをコロコロ・・・いろんなサーキット遊びを親子で楽しんでいただきました。  続いて、トイレ休憩の後、子どもたちの大好きなアンパンマンの曲に合わせて、楽しくアンパンマン体操とサンサン体操をしました。「1・2・3!」とリズムに合わせて元気に飛び跳ねていました。子どもたちに負けず、お母さんたちも元気に体操!!親子でリフレッシュの時間です。
プレイルームに移動し、お茶タイムをした後、ふわふわ粘土をちぎったり、丸めたり、伸ばしたり、くっつけたり、ふわふわの粘土の感触を楽しみました。  お待ちかねのおやつタイムです。おともだちやお母さんと一緒に食べるおやつはおいしいですね。
最後は、ゆったりと絵本の読み語りの時間です。大型絵本と紙芝居を楽しんでいただきました。
次回は、5月21(月)22日(火)24日(木)に開催します。詳しくは、『おひさまくらぶ』のページをご覧ください。

幼稚園開放 第一回『ワイワイキッズ』を開催

2012.04.28

4月28日(土)、第一回『ワイワイキッズ』を開催しました。当日は、お天気に恵まれ、たくさんの地域の子どもたちや保護者の方にお越しいただき、親子で楽しいひとときを過ごしていただきました。
今回のイベントの様子をご紹介します!

広い園庭では、お山で遊んだり、すべり台、お砂あそび、巧技台など、のびのびと遊んでいただきました。

保育室では、こいのぼり作り!シールを貼ったり、色を塗ったりして模様を描き、みんなかわいいこいのぼりができましたね!作ったこいのぼりはお土産に持ち帰っていただきました。

ホールでは、先生と一緒に、手遊びをしたり、大型絵本の読み語りを体験したり、絵描きうたや体操など、盛りだくさんの内容で楽しいひとときを過ごされました。

また、併設する短期大学部のこども保育学科の学生も参加して、子どもたちと触れ合い、日ごろの学習の成果を活かす貴重な機会となりました。

次回も楽しい企画をたくさんご用意してお待ちしております。
詳しくは、『ワイワイキッズ』のページをご覧ください。

「学園花まつり」を開催しました

2012.04.27

4月24日(火)、本学園において「学園花まつり」を開催いたしました。
この行事は、仏教を開かれたお釈迦さまの誕生日を祝う日として、本学園の創立当時から行っている三大宗教行事の一つであり、命の尊さ、人生をいかに生きていくかを考える法会です。

小学生トランペット鼓隊、中高・大短吹奏楽部の演奏・行進で開式し、お釈迦様(誕生仏)を白象の花御堂から檀上の花御堂に大学生代表が遷座、中高軽音部、幼稚園保護者コーラスの皆さまによる讃歌が披露されました。昨年に続き本年も、特別ゲストとして東本願寺の御遠忌キャラクターの「蓮(れん)ちゃん」、「鸞恩(らんおん)くん」、「あかほんくん」が登場いたしました。あかほんくんの秘密、ページをめくると3つの教えが書かれていて『①仏の子供になります。②正しい教えをききます。③みんな仲良くします。』が披露されると、園児・児童たちから歓喜の声があがりました。

続いて献灯・献華、灌仏、各校園の代表による散華が行われました。小学校6年生児童によるお祝いのことばでは、「お釈迦さまの教えは、『~光華の心~向上心・うるおいの心・感謝の心』に繋がります。人を思いやる気持ちを大切にします。」とお釈迦さまの前で誓いました。さらに元大谷中・高等学校教諭、曹洞宗崇禅寺寺族の西岡慈美先生の法話では、園児や児童にも理解できるように、アニメ「ドラえもん」に出てくる、ドラえもんのひみつの道具に頼っているのび太君の行動を例にあげられ、日々学習することの大切さを解りやすくお話いただきました。

華やかさの中にも凛とした空気が漂う「花まつり」となり、それぞれの命の大切さと自分自身を顧みる機会となりました。

第48回入園式を挙行いたしました

2012.04.12

4月11日(水)、本園、光風館講堂において第48回入園式を挙行いたしました。真新しい制服に身を包んだ新入園児88名に向かって、森園長がクラス名を呼ぶと、みんな元気に返事をし、会場は和やかな空気に包まれました。
園長は、式辞の中で「皆さんが入園してくるのを楽しみにしていましたよ。明日から元気に幼稚園に来てください。」と語りかけました。
その後、大型絵本『でんしゃにのって』をピアノの生演奏による効果音を交え、読み語りを行いました。
理事長祝辞、念珠授与の後、在園児代表の年長児たちからは歓迎の言葉と『みんな みんな みんな』の歌が贈られました。続いて、みんなで『チューリップ』の歌を歌いました。
先生たちの歌あそびに新入園児たちも楽しそうに参加し、すっかり打ち解けた様子でした。式の結びには、壇上の仏さまに向かい、保護者の皆さまと一緒に「明日から幼稚園で、元気に楽しく過ごせますようにお守りください」と合掌をし、新入園児にとって初めての集団生活が始まりました。

学園太子忌を行いました

2012.02.23

2月22日(水)、本学園光風館講堂にて、聖徳太子のご命日に、太子のご遺徳を偲ぶとともに、太子が日本にお広めになった仏さまの教えを聞思する機会として、各校園代表(学生・生徒・児童・園児代表)と教職員を対象に、学園太子忌を行いました。献灯、献花、勤行が行われる中、各校園の代表者が献香しました。

続いて一郷 正道学長が法話をいたしました。宇宙飛行士 若田光一さんの「日本の’和’の精神によってチームを引っ張っていきます。」の言葉や、聖徳太子が定めた十七条憲法の「和をもって貴しとなす」という一文を用いて、人と人との絆や大自然・宇宙に包まれて自己が存在していること、社会や生命を貫く調和の大切さを解りやすくお話いたしました。

涅槃会を行いました

2012.02.20

2月15日(水)、本学園 慈光館太子堂にて、釈尊(お釈迦様)入滅の日(=ご命日:2月15日)に、釈尊への報恩の意を表し、み教えを改めて聞思する機会として、在校生を代表して本年度は中学1年生、教職員を対象に涅槃会を行いました。まず、司会から本尊の脇に掲げられた大涅槃図を観ながら、お釈迦さまが、出家をされ、お悟りを開かれたことや、沙羅双樹のもとで亡くなられた様子についてのお話があり、音楽法要、勤行に引き続き、阿部恵木学園宗教部長による法話を行いました。

法話では、「すべてのものは『縁』つまり『関係』で成り立っている。しかし、私たちはその関係を自分中心に考えてしまい、自分の思う通りの関係でなくなると、怒ったり、悲しんだりしてしまう。幸せな人間関係を築くには自分の執着を手放して、『相手のあるがままを受け入れなさい』という仏の声に気づいていこうとする心がけが大切である」と語り、「生徒の皆さんが光華での学びの中で、そうした自分への問いかけを続けながら生活をしていってもらいたい」と結びました。

平成23年度 「成道会」を開催いたしました

2011.12.08

本学園慈光館の太子堂にて、釈尊(お釈迦様)が悟りを開かれた日である12月8日に、釈尊のみ教えを改めて聞思する機会として、成道会を行いました。
今回の成道会には、光華小学校児童(2年生)と教職員が参列し、真宗宗歌や恩徳讃などの仏教讃歌の斉唱、勤行、焼香などを行いました。勤行に続き行われた学園宗教部による法話では、みんなが幸せになれる3つのお釈迦様の教えを聴きました。

「1つ目は『命を大切にすること』で、命の重さは誰でも平等であり、一人ひとりの命は尊いものであること。2つ目は『みんな仲良くすること』で、自分が悪いと思ったらちゃんと謝ること。3つ目は『ありがとうの言葉を言うこと』で、常に感謝の言葉を口に出して相手に伝えることが大切です。」との話がありました。3つの大事な教えを園児たちは熱心に耳を傾けていました。