光華幼稚園 光華幼稚園

在園児の方専用

トップページ > 明かりに誘われ 招かれて ~作品展を待つ夜の幼稚園~

子育てコラム

明かりに誘われ 招かれて ~作品展を待つ夜の幼稚園~

2017.11.29

大学構内から見えた明かり「先生たちこんなに遅くまでいるのかしら」と、

そっと立ち寄ってみました。

「こんな遅くにごめんなさい」

「いえいえ、良かったら明日からの作品展を観てください」

「えっ! こんな夜にいいんですか」「ぜひ どうぞ」と招かれて、

2階保育室へあがっていきました。

最初に足を踏み入れたのが、年長児クラスの「ねむりひめ」の部屋です。

「わぁ! カラスが空を飛んでる」

「魔女がいる」「ねむり姫がいる」

「いるいる どれも今にも動きだしそうだ」

「わぁ わぁ すごい!」と思わず叫んでいる私。

身近にあるプラスチックのスプーンやフォークが足や腕になるユーモラスな表現

や、トイレットペーパーの芯を組み合わせることで腕や足が動くように、まるで

操り人形のような創作。子どもの感性と柔軟な発想力と先生方の一人一人の子ど

もの工夫に命を吹き込むかのような展示の表現力。

ブラックライトに照らされた、奇妙な不思議トンネルをくぐって・・・

この電気の配線の工夫は、職員の方の力添えがあると聞き、

思わず「いいですねぇ」と。

子どもの作品が、いかに園内の教職員皆さんの協力・共同で演出されているのか

が伝わってきました。

一歩外へ出ると暗い中、一つ一つの部屋を回って作品に触れ味わい楽しんでいる

と、ふと「よるのようちえん」(谷川俊太郎作)の絵本が浮かんでいました。

保護者の皆さんは、わが子の作品とともに、みんなの作品が並んでお話の世界

を創り出している作品展をどのように感じられたでしょうか?

 

こども教育学科 教授 鍋島 恵美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子育てコラム