光華幼稚園 光華幼稚園

在園児の方専用

トップページ > 東本願寺へお参りに行きました<年少児>

幼稚園だより

東本願寺へお参りに行きました<年少児>

2017.11.13

真宗大谷派の本山、東本願寺へ、園バスに乗って

お参りに行きました。

到着すると東本願寺のお坊さんが出迎えて下さいましたよ。

 

お寺の門に入る時、建物の中に入る時は、仏様に頭を下げてくださいね…

「ぺこり…」と可愛くお辞儀をしていました。

阿弥陀堂のみほとけ様の前で、

「いつも、みほとけ様は、みんなのことを見守って下さっているんですよ」

「『ここにいますよ!!』南無阿弥陀仏と唱えて仏様にお伝えしましょう」と

小さな手にお念誦をかけて、

「いつも見守って下さって、ありがとうございます」

「南無阿弥陀仏」とお参りをしました。

立っておられる仏様は「いつでもみんなの側に行けるように…」とのお話に

子どもたちは、見守って下さる仏様を身近に感じていたようです。

そして長い廊下を渡り、御影堂へ。広く長い廊下を走らず、落ち着いて歩く姿に成長を感じるひと時でした。

お辞儀が上手になってきました!!

「御影堂」では、お坊さんになられた親鸞様(木彫りの像)の前で

お参りをしました。幼稚園の親鸞様(童形像)とは少し違ったお姿と

とても広いお部屋に驚きながら、心静かに手を合わせることができました。

そして、普段は入ることのできない「大寝殿」では、

貴重なふすま絵を見せていただきました。

東本願寺は、世界最大級の木造の建物ということで、しっかりとした木の柱からぬくもりを感じる建物でした。

 

今回お話を頂いたお坊さんは、本園に通うお友達の保護者の方です。

幼い子どもたちに向けた、とてもわかりやすいお話をして頂き、

みほとけさま・親鸞様をより深く知る事が出来ました。

今月末にある報恩講でも、みほとけさまに感謝の気持ちをもち、

手を合わせたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です